<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ふふっ。楽しみにしていること

医療機関のコンシェルジュはもう市民権を得たでしょうか?

ワイズレディスクリニックでは、一言でいうとよろず承り係です。

一番大切なのは笑顔。

心映えや知識に裏打ちされなければいけないのですが、そこが少々足りなかったとしても、笑顔だけは必須です。

私もまだまだ発展途上なのですが、笑顔を決定的に印象付けてくださった方がいます。

その人は、湊晶子さんと言います。
多彩な経歴のあと、10年続けられた東京女子大学学長を今年3月に退任なさったばかりのとびきり才色兼備な方です。

初めてお会いしたのは27年前、茨城県古河キリスト教会の講演でした。
覚え違いでなければ当時51歳で、ご主人を天に送られて日の浅い頃だったように思います。

私もまだとびきり若くて素直で綺麗な頃でした。(ん??)

とても素敵な方でしたが、人生に笑顔の大切なことをお話しされたのです。
「朝に夕に鏡を見ては、いつも笑顔でいられるように、素敵な笑顔の訓練をしなさい。」
(このことは主題ではありませんよ。生き方のお話しだったと思います)

おそらく、聴衆の中で帰りに鏡を買ってきて実践した人は私だけだったのではないかと思っています。

台所に小さな新しい鏡を掛けて、一日に少なくても10回は笑顔を作りました。美人でない私が、どうしたら素敵な笑顔に見えるか、毎日毎日来る日も来る日も研究を重ねたのでした。純真でしたねえ。

何年もそれは続きました。引っ越しても台所にその鏡を掛けました。さすがにもう練習はしませんが、今も掛かっています。

このことは、私の財産です。

恩人の湊先生の講演会が11/9にお茶の水で開かれます。
テーマは『座標軸のある人生』―人格とは何か?人間とは何か?ぶれない人生観をもって生きるために―

湊先生は、そんなお話しをしたことすら忘れて、重責の人生を生きておられるでしょうが、私にとっては、大きな出会いでした。
憧れの人にお会いできます。今からわくわくしています。

人生は出会いで決まる。と言われます。
かけがえのない人生のために、皆さんにも良き出会いが訪れますように。
                                   ラハブ

by yslc1995 | 2010-10-24 00:29 | コンシェルジュスタッフブログ

魅惑の夜

やんごとなき事情のために行かれなくなられたさる方の代理で、生まれて初めてライブハウスに行ってきました。

目黒駅近くのホテルの地下にあるお店の名前は
“ブルース・アレイ・ジャパン”
薄暗い店内は、いかにも、の雰囲気いっぱいで、期待にわくわく。

ライブの前に、自腹ではとても食べられないコース料理を頂きました。
さりげないけれど、何もかもとっても美味しい!
何より赤ワイン!!
イタリア産の“モンテ プルチアーノ ダブルッツォ”(と言うそうな)
天にも昇る心地の美味しさ!!!

いよいよ始まったのは・・・

    渡辺幹夫30周年記念ライブ「六区」

いやぁ~、すっごくよかった~~

   (渡辺幹夫さんはアコースティックギタリスト。ブラジル音楽を日本
    に持ち込んだ第一人者であるドラマー吉田和雄さんと二人で、
    “ボッサオルガニカ”というユニットを組み、活躍しておられます。 
    3年前からワイズサマーフェスタのコンサートで、ブラジル音楽
    ボサノバの魅力をクリニックに運んで下さっています。)

スタジオF&Aでの演奏にも毎回魅了されますが、大人の時間も又格別。
私の息子と同い年で秘かに応援している、渡辺さんの愛弟子・細田好弘さんの成長も嬉しく楽しいことでした。

ボーカルの森下亜希子さんを入れて演奏者8名のライブでしたが、お一人おひとりが素晴らしくて、3時間のライブは瞬く間に過ぎて行きました。

スポンサーをして下さった同行の方と二人で楽しくおしゃべりしながら駅に帰り着いたのはすでに0時。魅惑の時間を心から感謝したラハブでした。

by yslc1995 | 2010-10-08 23:32 | コンシェルジュスタッフブログ

10月2日エントリー記事の事後談

ラハブです。

今朝、理事長に呼びとめられ、

「おもちゃの事、良かったね。
褒めてるんだから、会社の名前も公表して良かったのに。
何かの拍子でその会社の人の目に留まって、喜ばれることもあるかもしれないよ。」

と、流石の感想をいただきました。

そこで、改めてインターネットで検索してみたところ、
『株式会社増田屋コーポレーション』さんは、何と享保9年創業。
台東区蔵前で270年も玩具を作り続けておられる老舗中の老舗でありました。
しかも、いろんな分野でご活躍の会社。
恐れ入りました!

どうりで、老舗の貫録・余裕!
その上の驕らない企業努力。

(ついでに、付け加えるのですが、送って下さった宅急便の包装もきちんとしていて、感じが良かったのでした。)

実は、“すいちゅうモーラー”は、たかだか1000円のおもちゃでした。
トラブルがなければ、<子供が喜んで、それでおしまい。>の話しでしたが、
お蔭さまで、こうして心が豊かになりました。

改めまして、『株式会社増田屋コーポレーション』さんに感謝申し上げます。
今後とも、子供たちの夢の為に、ご精進いただきますように。

by yslc1995 | 2010-10-05 19:16 | コンシェルジュスタッフブログ

感動的に早い!もサービス

   いつの間にかもう10月 すっかり秋ですね。

さて、おとといの午後、そぼ降る雨の中を所用で蔵前に出掛けてきました。
用が一つだけだったので、孫のだいちゃんを誘ってみました。

このところ、もやもやサマーズや、ピタゴラスイッチ(どちらもTV番組)で立て続けに浅草が紹介されたそうで、「かみなりに行く」と上機嫌なだいちゃんを連れて、いざ浅草へ!エイエイオー!

ところが浅草駅から蔵前まで10分の道のりを間違えた!
お店の前を通り過ぎてドンドコドンドコ。あっち行きこっち行き。
結局1時間以上かかって疲れた~。
ばかな私。

用事を済ませて、大雨の中、雷門に行き仲見世を冷やかして歩き、焼立ての人形焼きやおせんべいを立ち食いし、びしょびしょに濡れながら楽しいデートでした。
で、ひどく気に行った水中で動くおもちゃ“すいちゅうモーラー”をゲットしただいちゃん。
家に帰ってすぐに遊んだ。と思ったら、あれあれ3分程してストップ。

  ここからが本番です。

翌日、お昼休みに製造元に電話を入れました。
担当の方が外出中ということでしたが、電話口の方が話を聞いて下さいました。
そして、「新品を送ります。現品の処し方は同封でお知らせします。」
と爽やかな対応。
変な会社じゃなければいいな。と構えていた私は拍子抜けしました。
そしてそして、翌日の今朝、新品が宅急便で送られてきました。
電池を入れて作動確認済みとのこと。
感動的な早い誠実な対応に、ここの動くおもちゃをまた買いたいとファンになりました。

クレームは対応の仕方で顧客の心を掴むチャンスになり得る。と言われますが、正にその通りですね。

クリニックでは定期的に接遇の勉強をしています。
クレームをいただかないことも大切な在り方ですし、
クレームは私達の財産、宝の山。でもあります。
完全も完成も有り得ないクリニックです。
ご迷惑をおかけすることもあるかもしれません。
今後も来院者の皆様と共に成長し続けて行きたい。愛し愛されるクリニックでありたいと、改めて感じたラハブです。

長々、失礼いたしました。

by yslc1995 | 2010-10-02 22:22 | コンシェルジュスタッフブログ