<   2014年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

かめままの一汁三菜

こんにちわかめままです。
時々自分自慢のレシピを紹介したいと思います。

a0164701_02301406.jpg
ピーマン入りコロッケ:じゃがいも、玉ねぎ、豚挽き肉、しょうが、ピーマン、きゃべつ、プチトマト
たこの梅酢あえ:たこ、キュウリ、わかめ、レタス、梅酢
きんぴら煮:ごぼう、豚肉、しょうが
ごはん、みそ汁:味噌、ホウレンソウ、油揚げ
本日は17品目です。
豚肉、しょうがは、2回使っています、ダブルカウントはしません。

得意のピーマンコロッケのレシピ

1.じゃがいもをゆで皮をむきます。
2、玉ねぎは2~3cmの細切れにし、豚挽き肉としょうがを入れてよく炒め塩コショウで味付けします。
3、「2」の火を止めてからピーマンの小口切りを入れます
4、じゃがいもと合わせて好みの大きさに丸めます。
5、水で溶いた小麦粉に多めの塩コショウをして形にした種をくぐらせ生パン粉をつけます。
6、油で揚げてアツアツを食べてください。

材料の割合はお好みです。
ちなみに我が家は
玉ねぎ2個、ピーマン4~5個、じゃがいも5~6個、豚挽き肉200g位が好きです。
しょうがは、お好みでみじん切りでもすりおろしでも、炒めたら取り出してもいいと思います。

フライを上げるとき溶き卵が多いと思いますが、我が家は溶き小麦粉です。
工程が1つ減るのと、揚げ油が汚れません。
きっかけは子どもの卵アレルギーだったのですが、あっさりと仕上がり返っておいしかったので今でもフライは卵抜きです。
子どもと作るときは、なぜかゆでじゃがいもが途中減ってしまいますので、2・3個は多めにゆでてください。

                                           かめまま

by yslc1995 | 2014-08-25 02:59

かめままの一汁三菜

やっぱりお盆を過ぎると夜には虫の声がします。
でもまだまだ日中は暑い日が続きますね004.gif

a0164701_00402601.jpg
本日は、豚肉の生姜焼き:豚バラ、玉ねぎ、キャベツ、プチトマト(庭でとれたやつ)
    なすの素揚げ:ナス
    大学いも:大学いも、パセリ
    みそ汁:豆腐、わかめ、みょうが
    ごはん、麦茶、梅干し

13品目取れました。

夏野菜について
「旬のものをおいしく食べる」最高の贅沢だと思います。
実は食べ物大好きで、フードコーディネーターの通信講座を受けていました。
地産地消、旬の食材キーワードのように繰り返し出てきました。
その素晴らしさは、季節に合った働きをすることです。
夏野菜は全般的に体を冷やす働きがあります。
ナスはカリウムが多くむくみを取り利尿を促します。
きゅうり、スイカも同様です。
水分を多くとると汗がたくさん出ます。
いっしょに電解質も失われます。
今は電解質飲料も多く出回っています。
でも、スイカやキュウリに塩をつけたり、麦茶に一つまみのお塩を入れたりで十分です。
利尿を促し、熱い体を冷やしてくれます。
塩分もとることができすごいですね。
上手に食品を利用して残暑を乗り切ってください016.gif

    かめまま

by yslc1995 | 2014-08-16 00:57